買ったもんガチ

買ったものや提供していただいたものを淡々とレビューしていくブログです。

【ヘッドホン】コンパクトでかわいらしくてお手頃な完全ワイヤレスヘッドホン「cheero Wireless Earphones」

P1070693

ヘッドホン3連発になってしまった……。

忙しさにかまけてあまり更新できていませんでしたが、結構いろんなもの買ったり提供していただいたりしておりまして。こちらは人気沸騰中の「cheero Wireless Earphones」です。

完全ワイヤレスのヘッドホンは、BOSEの「SoundSport Free wireless headphones」を何ヶ月か使わせていただいていたのですが、これが高音質でフィット感バツグン。値段が値段なので購入には至っていないのですが、完全ワイヤレスヘッドホンの便利さが実感できました。

そこに本製品が登場。モニターとしてご提供していただいたので、さっそく使ってみました。

P1070697

内容物。ヘッドホン本体、充電器、充電用ケーブル、ポーチ、イヤーピース。イヤーピースは2種類3サイズが付属しています。

P1070698

本体は小さくてかわいらしい。片耳4gです。満充電で3時間の連続駆動が可能です。装着するときのポイントとしては、耳に入れてからちょっと回転させて、フィットするポイントを探してください。そうしないと、音がスカスカになります。フィットすればそう簡単には落ちません。

P1070710

電源ボタンは左右それぞれにあります。左耳が親機となっているので、左→右という順番で電源を入れましょう。初回に左右のペアリングをしておけば、2回目からは左→右と電源を入れれば自動でペアリングされます。


P1070713

こちら充電器となります。コンパクトでコロンとしててかわいいですよ。ここに左右の本体を入れれば充電できます。

P1070715

マグネットなどはないので、ちょっと押し込む感じで入れましょう。ふたを閉じれば充電が始まります。充電器からは3回分充電可能。合計12時間の再生ができるという計算になります。

P1070716

充電器への充電はmicroUSBです。

P1070717

充電中は小さなLEDが光ります。ちょっとかわいい。

さて、装着感は予想以上によいと感じました。ポイントは2つ。耳のサイズにあうイヤーピースを使うこと。付属のイヤーピースは開口部の大きいものと小さいものの2種類があり、それぞれS/M/Lの3種類。僕は開口部の小さいやつのLサイズを使っています。大きめのものを使ったほうが密閉感が上がっていい感じがします。

もうひとつは、耳に入れてからしっかりフィットする角度を探すこと。これをやらないと、音質がスカスカになります。

音質のほうは、高級なヘッドホンに比べるとちょっとドンシャリな感じ。特に高音がジャリジャリした感じがします。ただ、ちゃんとフィットさせると全体的な音圧が上がり、値段以上の音質になると思います。

左耳のスイッチを3回押すと、集音機能が発動。外部の音を取り入れて聞こえやすくしてくれます。これが結構効果があります。リアルに外の音が聞こえます。

防水性能も備えているので、ちょっとした雨なら大丈夫でしょう。

時々、左右にペアリングがおかしくなり、右耳だけブツブツ途切れたりすることがあります。これがちょっと気になりますが、特定の場所でなることが多いので、その場所がBluetoohが混んでたりするのかもしれません。

全体的には、とてもよい完全ワイヤレスヘッドホンです。音にこだわるのならもっと高価な製品を選んだほうがいいのかもしれませんが、慣れてしまうとあまり気にならないかも。それよりも手軽に使えるというところが(値段的にという意味で)魅力です。

価格と性能のバランスがよいので、初めての完全ワイヤレスヘッドホンとしては満点以上かもしれません。

発売セール価格としてAmazonで3,980円なんですが、品切れ中の模様。楽天市場やYahoo!ショッピングでは4,080円です。それでも十分満足できると思います。






【ヘッドホン】充電しながら聴けるLightning接続イヤフォン「cheero Earphones with charging dock」

P2121720

iPhone 6からヘッドホン端子がなくなりました。結果、Bluetooth接続のヘッドホンが一気に人気ジャンルになったような気がします。僕もいくつか買いましたし。

ヘッドホン端子がないと何が不便って、モバイルバッテリーなどで充電しながら音楽が聴けないこと。僕はこれでイラッとして、有線ヘッドホンとはおさらばしました。

しかし、このイライラを解消してくれるヘッドホンが発売されました。「cheero Earphones with charging dock」です。メーカーさんからお送りいただいたので、レポートしたいと思います。


P2121724

パッケージを開けるとこんな感じ。本体カラーはがあるようです。


P2121727

ヘッドホンはカナルタイプ。耳に入れると割と遮音性は高い感じです。

P2121729

リモコンが付いており、再生や一次停止、音量調節などはここから行えます。また、Siriを呼び出したり電話を取ったりすることも可能です。

P2121730

そしてポイントは、Lightning端子の部分。2つに分かれており、片方はiPhoneへ接続するLightning端子、もう片方は充電用のLightningケーブルがさせるようになっています。

P2121733

こんな感じです。これで充電しながら音楽が聴けます。


P2121742

ちょっと音を聞いてみたのですが、結構音圧があり、低音がよく聞こえます。高音はやや削れている感じがしますが、値段を考えれば十分及第点だと思います。

なお、iOS用の専用アプリ「CheeroEar」をインストールすると、イコライザーが使えるようになります。FLATBASSPOPの3種類から選べます。低音強いなーと思ったら、POPを選ぶとちょっと中低音がすっきりして高音が聞きやすくなりますよ。

お値段は3680円(税込)。なおAmazonでは発売記念価格として2980円となっています。お手頃価格なのでひとつ手に入れておくと、いろいろ役立つかもしれません。

Bluetoothのヘッドホンもいいんですけど、充電忘れたりしたら使えないですからね。有線のヘッドホンも持っていると安心です。




買ったもんガチとは
ライター三浦が買ったものを淡々とレビューしていくブログ。何かございましたらkazuki.miura[アットマーク]gmail.comまでご連絡を。
楽天市場